職人:山下雅弘

職人紹介/山雅弘

年齢は若いようですが、「親父の見よう見まねで中学から針を持っていた」というベテラン。
形に切ったコードバンを手作業で貼り合わせ、丹念に手縫いする。


手縫い馬蹄型小銭入れ 製作工程1

素材には独特の光沢が美しい、貴重なコードバン(馬の尻の革)を使用しております。


手縫い馬蹄型小銭入れ 製作工程2

留め金具などを使わず合わせるだけで中の小銭が滑り出さないようにし、かつ、取り出したい時にはさっと開けられる。その絶妙な摩擦具合が 「馬蹄の山下」 と異名をとる革小物職人・山下雅弘さんの真骨頂なのです。


手縫い馬蹄型小銭入れ 製作工程3

一つ一つすべて手縫いで仕上げられているこの小銭入れ、制作は困難を極めます。縫製にミシンが使えず手縫いとなるため、1日に出来るのは10個が限度なのだそうです。


手縫い馬蹄型小銭入れ 製作工程4

先代から受け継いだ木型での微調整と、丹念な手仕事があっての逸品です。

Cart
Category
Recommend
Profile

佐藤晃一郎

いらっしゃいませ。ここでは、こだわりグッズの世界へご案内します。 最終的には自分の手と目で選ぶわけですが、その前段階のお手伝いが出来るような、そういうサイトを作っていきたいと思っています。

Mail Magazine
メルマガ登録・解除はこちら