職人:小柳健一

職人紹介/小柳健一

僕の物作りに対する考えは、"それぞれの業界のトップを走るのは素人である"と考えている。
音楽で言うならば、サザンやユーミン達は、独学で学んだと聞いている。
即ち好きこそ物の上手なれ、である。出来る事ならば、今現在のハイヤー運転手を続けながら、素人の立場で初心を忘れず技術を磨きたい。

日本の製品のすごい所は、どんなにすごい技術を使って製品を作っても極自然に見える所である。
0.1mmのズレが違和感を与え、その修正が自然に見える事を演出する。
髪の毛一本の隙間が、機械をだめにする。
好きこそ物の上手なれ、が、新しい発想や技術を産む事を証明する為に、その道のプロをも追い付かない技術者になりたい。

僕が欲しい時計がなかなか無くて、無いなら自分で作るしかない。そんな事を考えながら、生活していたら偶然東急ハンズの店頭実演販売で、その技術を知る事ができた。
時計の構造を探求していたら、偶然、手作り時計教室の案内を見掛けた。

くだらない物をとことん突詰めてとんでもない物を作りたい。
イタリアのバイク、ドカティやヴェスパは、独自の考えの基、その構造を変えず、拘り続けて製品を作り続けているそんなメーカーになれたらいいと考えている。
歌や料理、陶芸や車の整備、その他諸々、人がやる仕事で、何故かこの人がやるとこうなる、美しい、優しく感じる。
そんな、私にしか出せない仕事で、人を感動させられる物を作り続けていきたい。
一目で私の仕事と解る仕事がしたい。

職人:小柳健一/作品 職人:小柳健一/アトリエ 職人:小柳健一/オートバイ
Cart
Category
Recommend
Profile

佐藤晃一郎

いらっしゃいませ。ここでは、こだわりグッズの世界へご案内します。 最終的には自分の手と目で選ぶわけですが、その前段階のお手伝いが出来るような、そういうサイトを作っていきたいと思っています。

Mail Magazine
メルマガ登録・解除はこちら